サイトメニュー

いぼの特徴と治療方法

カウンセリング

早めに診察してください

いぼというのは、紫外線やウイルス感染して発生する病気のひとつです。ウイルス性のものは、疣贅や尋常性疣贅などと呼ばれることもあり、人によってその症状は様々です。また、このタイプのものは、どのような年齢層の方もできる可能性が高く、そのなかでも小児に最も多く、高齢になるにつれて少なくなります。また、他にウイルス性とは関係のないものもありますが、こちらもいぼには違いないので注意する必要があります。このタイプのいぼの気になる原因ですが、最初に少し言った通り紫外線を浴びることでできるのです。よく、年をとるといぼができて悩む方がいますが、老人性のいぼも紫外線が原因であることがほとんどでしょう。そのため、若いうちから紫外線対策をして、いぼができにくいように努力していくことが何より大事です。しかし、もしすでにいぼに悩んでいる方もいますよね。そのような場合は、美容外科など専門のクリニックへ行き治療を受けるようにしましょう。いぼの特徴を見て、適切な処置を施してくれます。いぼでもまれに良くないいぼもあるので、自己判断はせず医師の診察を受けるようにしていきましょう。気になる処置の仕方ですが、負担が残りにくいレーザーや液体窒素で行ってくれます。いぼを取り除いた跡も残りにくくしてくれるので、大きな心配をする必要はほぼないでしょう。顔以外に手足にもできることがありますので、位置的によくないところにある場合は除去してもらった方が安心で、見た目も良くなります。いぼを治療する場合、その方法をできるだけ詳しく把握しておくことをオススメします。治療については皮膚科や形成外科、美容外科などで行っており、除去治療を行う際は、できたタイプやその状態などによって、実際の施術内容や方法などは変わってきます。そのようなこともあり、初めにきちんと診察していぼのタイプなどを見極めることが大切です。そして最初に診察する際に、クリニックでどのような治療方法をしてくれるのか聞いておくと、安心できます。いぼの切除方法としてレーザーが一般的ですが、その他に電気メスなどを利用することもあります。レーザーで治療の場合、最初に局所麻酔を行い、その後に炭酸ガスレーザーを使用して切除していきます。その場合、基本的には1回の通院で大丈夫です。レーザー治療が心配になる人もいるかもしれませんが、レーザーによるダメージはそう大きくはありません。そのためアフターケアをしっかり行えば、1週間程度で患部の赤みが残る程度までに回復します。このようにクリニックではアフターケアをしっかり行ってくれますので、患部がかさぶたになりにくいです。治療では電子メスを使用することもあり、電子メスは首にできたものに向いています。その場合、最初に局所麻酔をしてから切除していきますが、こちらもレーザーと同じように1回の通院で済むケースがほとんどです。いぼの切除には、上記のようレーザーと電気メスとレーザーの二つの方法を使用することが多く、これら治療は通院回数が少ないのがメリットと言えます。ただ、保険が適用されませんので全額自己負担になります。